しょーもないおっさんの本音がここにある。 ほんの少し気持ちが楽になる、 等身大のおっさんまっさかりブログ!

日がえり日光東照宮.2

 

ひきつづき日光東照宮です。 

 

眠り猫をくぐり、

流れのまま家康公の神柩がおさめられている奥宮へ。

 

参道の石段を登ること約10分(200段、207段くらいらしい)、       

そこまでしんどくはないですが夏はちょっと注意かもです。

 

しっかり拝礼いたします。

 

樹齢600年の叶杉に願掛けをしたのち

 

f:id:deivuleiku:20170613040158j:plain

 

 

再び参道を下り、眠り猫へ。

 

カメラを託されまして 

先程のピンボケのリベンジです。

 

 

f:id:deivuleiku:20170612160734j:plain

  (あらかじめフラッシュありで撮るほうがいいようです)

 

嫁にめずらしくほめられ気分揚々と本殿へ。

 

 

靴を脱ぎ回廊に並びます。こちらは撮影禁止。

 

いや すごい。

 

本殿正門裏の彫刻、

拝殿上方左右の立体的な龍(個人的には一番印象に残りました)

 

f:id:deivuleiku:20170612163501j:plain

                        (勝手なイメージ) 

 

本殿天井の百聞百種の龍の絵、

神界と人界をつなぐとされる石の間の空気感、

 

目に映る全てのものが心にきます。

 

余韻にひたりながら本殿をあとに。

しばらくボーっとしてた気がします。

 

f:id:deivuleiku:20170613035240j:plain

 

 

本殿正門の唐門を再びじっくり観察したのち

 

f:id:deivuleiku:20170612164653j:plain

 

陽明門を戻り、本地堂(薬師堂)へと向かいます。

 

           

                       (.3につづく)