つまずき前進!

グチと友に歩む

つまずくは進んでる証、ぼやくは生きてる証。ぶさいく中年は今日もちょっとだけ進む!                                                   

No.62  車は時代と人生を映し出す  

昨今、CSやBSやネットなどで

昔自分に身近にあった車を見かける機会が増えました。

そんな中の 

”愛嬌がスゴい”1台。

 

f:id:deivuleiku:20171010045745j:plain

スバル360(オレンジ)

 富士重工業(現SUBARU)  1958年~1970年生産

 

 

学生時代バイトの行き帰りでY先輩によく乗せて頂いた車です。

メーター1周以上の中古だったとおもいます。

 

チャーミングな「てんとう虫」のフォルムはいわずもがな、

かぶと虫はフォルクスワーゲンビートル)

前開きのドアというだけでその魅力は絶大です。

 

徹夜で麻雀に興じた後、24時間の吉野家まで1時間かけて

(当時の24時間店は超貴重)

お気に入りの編集カセットテープをかけて走る。

 

 

今では まあどうとでもない時間が

 

一番もどりたい時間になるとは。

 

 

人様の車なのに今でも愛らしく いとおしい1台です。

 

 (ちなみに、前開き式のドアは1950年代半ばは乗降性の有利さから

 少なくなかったそうですが、衝突時などにドアが開きやすい等安全性の面から

 好ましくなく、後年には廃れたそうです。残念。。)Wiki参照